好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


  私のホームページは、息子の徹が1997年8月に、私の63歳の誕生祝いに「岡部家のホームページ」として開設してくれたものでした。

  ところが、この旧ホームページは、息子との共用であって、私自身で操作ができないために、アップロードやアフターケアが滞っておりました。そこで、2007年8月、73歳の誕生日を機に、この「岡部陽二のホームページ」を別途立ち上げ、私自身で自前の運営を開始しました。旧ホームページからのコンテンツ移行に1年余を費やしましたが、このほどようやく完了しました。

  このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できますが、最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。17歳の時の作品は一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

  銀行勤務35年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

  銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

  2006年3月、7年間お世話になりました広島国際大学を去るに当たり、これから実社会で力強く活躍してほしい若人諸君に私の好きな高浜虚子の句

春風や闘志いだきて丘に立つ       虚子

を餞として贈りました。大学を定年退職し、48年間にわたるサラリーマン生活に終止符を打ちました昨今の心境は

古稀といふ春風にをる齢かな       風生

といったところであります。

  ところで、人口に膾炙されておりますかの米国の詩人・サムエル・ウルマンの「青春」が、最近手島佑郎氏の手によって次のような新訳で紹介されました。

青春とは怯懦に克ち、興味に向かう気性横溢せるの意なり
安逸を貪る心を越えて冒険する勇気なり
是れしばしば齢二十の若者よりも齢六十の人物に存せり
何人も年を重ねるによりてのみ老けるに非ず
我等もろもろの理想を見捨つるによりて老いるなり

  この詩に肖って、加齢を言い訳とすることなく、好奇心と冒険心豊かな心ときめく生甲斐を終生模索したいものです。

   2008年2月吉日

岡部陽二

 

略歴

略歴をごらんになれます。

最新の作品

2017年1月12日

ビアトリックス・ポター生誕150年記念 ~英国切手の魅力シリーズ41~

170112PeatrixPotter1.jpg

 

    昨年(2016年)728日にビアトリクス・ポター(Beatrix Potter1866728日~19431222日)の生誕150周年を記念したピーター・ラビットの記念切手シート(上掲)と6枚の単片記念切手(下掲)が発行された。 

シートの4枚にはピーターラビットのおはなし(The Tale of Peter Rabbit, 1902)に出てくるFropsyMopsyCotton-tailPeter4匹の兎が描かれている。このお話のきっかけは、1893年に作者ビアトリクス・ポターが5歳の少年ノエルに書いた絵手紙であった。英国の田園農園を舞台に物語は進行する。

いたずら好きの兎のピーターがマグレガーさんの庭に入り込みレタスを食べているところを見つかってしまう。ピーターはどうなるのか、ノエルはひやひやしながら手紙を待っていた。

ビアトリクスはこのお話を絵本にしたいと考えたが、なかなか出版に至らず、ようやく1902年に初版が刊行されたところ、2年足らずで5万部を超えるベストセラーとなった。その後、他の動物も加わって、多くのキャラクター兎が登場するピーター・ラビットの絵本シリーズとなり、100年以上を経た今も世界中の人々に愛され続けている。 

単片の6枚には左上から右へ順に、6つの物語の主人公となった動物のキャラクターが描かれている。

1、『ピーターラビットのおはなし(The Tale of Peter Rabbit, 1902)

2、『ィギーおばさんのおはなし(The Tale of Mrs. Tiggy-Winkle, 1905)

3、『すのナトキンのおはなし(The Tale of Squirrel Nutkin, 1903)

4、『あひるのジマイマのおはなし(The Tale of Jemima Puddle-Duck, 1908)

5、『こねこのトムのおはなし(The Tale of Tom Kitten, 1907)

6、『ベンジャミンバニーのおはなし(The Tale of Benjamin Bunny, 1904)

170112PeatrixPotter2.jpg

 

ビアトリクス・ポターはロンドンでヴィクトリア時代の裕福な中産階級に生まれ、幼いころから絵がうまくて多くのスケッチを残している。家でさまざまな動物をペットとして飼育し、キノコにも興味を持って学会に論文を提出している。

   39歳で婚約するが、わずか1か月後に婚約相手が死去、その直後に湖水地方に念願の農場を手に入れて、創作活動に乗り出した。持ち前の観察力により動物を生き生きとした描き、文章は簡潔で洗練されている。これはシェクスピアの作品を暗唱したことや欽定聖書を繰り返し読むことで鍛えられていったと言われている。

   彼女の創作活動は湖水地方に移ってから47歳で結婚するまでの十数年間にに集中している。この間に矢継ぎ早に出版されたピーター・ラビットの絵本シリーズがいまだに児童文学の古典として世界各国で親しまれているのは驚くべきことである。

   結婚後はキャラクターの関連商品販売にも着手した。また、湖水地方特有のハードウィック種の羊の保護や育成にも尽力し、遺言によりナショナル・トラストに寄付された土地は4,000エーカーと広大であった。

   湖水地方のウンドメアに1991年に建てられた「ビアトリクス・ポター世界館(Bowness-on-Windermere)」は、人形とジオラマでピーターラビットの世界を解説してくれる人気観光スポットなっている。  

170112PeatrixPotter3.jpg
 
 
 
 
 
 
 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る