好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


  私のホームページは、息子の徹が1997年8月に、私の63歳の誕生祝いに「岡部家のホームページ」として開設してくれたものでした。

  ところが、この旧ホームページは、息子との共用であって、私自身で操作ができないために、アップロードやアフターケアが滞っておりました。そこで、2007年8月、73歳の誕生日を機に、この「岡部陽二のホームページ」を別途立ち上げ、私自身で自前の運営を開始しました。旧ホームページからのコンテンツ移行に1年余を費やしましたが、このほどようやく完了しました。

  このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できますが、最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。17歳の時の作品は一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

  銀行勤務35年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

  銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

  2006年3月、7年間お世話になりました広島国際大学を去るに当たり、これから実社会で力強く活躍してほしい若人諸君に私の好きな高浜虚子の句

春風や闘志いだきて丘に立つ       虚子

を餞として贈りました。大学を定年退職し、48年間にわたるサラリーマン生活に終止符を打ちました昨今の心境は

古稀といふ春風にをる齢かな       風生

といったところであります。

  ところで、人口に膾炙されておりますかの米国の詩人・サムエル・ウルマンの「青春」が、最近手島佑郎氏の手によって次のような新訳で紹介されました。

青春とは怯懦に克ち、興味に向かう気性横溢せるの意なり
安逸を貪る心を越えて冒険する勇気なり
是れしばしば齢二十の若者よりも齢六十の人物に存せり
何人も年を重ねるによりてのみ老けるに非ず
我等もろもろの理想を見捨つるによりて老いるなり

  この詩に肖って、加齢を言い訳とすることなく、好奇心と冒険心豊かな心ときめく生甲斐を終生模索したいものです。

   2008年2月吉日

岡部陽二

 

略歴

略歴をごらんになれます。

最新の作品

2016年12月07日

個人こそGPIFの投資運用方針に学べ

161207GPIFLogo.jpg

 

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)の昨年度(2015年度)運用パフォーマンスが、「.3兆円(収益率で.9%)のマイナスに落ち込んだ」と発表されたのは今年5月のことだった。

   GPIFは言わずと知れた運用資産132兆円(今年9月末時点)を擁する世界最大のわが国の公的年金基金である。 

GPIFでは、アベノミクスの一環として201410月に決定された「国内外の株式の構成割合をその資産の半分にまで高める」としたリスク商品重視への運用方針の転換が図られた。マイナスとなった昨年度の運用パフォーマンスは、この方針転換が誤っていた結果ではないかと、国会でも野党から批判された。

161207GPIFPhoto.jpg


安易な批判の前に視点を変えてみよう

ただ、その後の世界的な株式相場反転で、2016年7~9月期には黒字に転換、1012月期には6.4兆円程度の黒字になるものと試算されている。
だが、長期運用を目指すGPIFの成績を4半期ごとに短期の成果で論ずること自体がそもそもナンセンスである。
 

客観的な評価を行うため、過去10年の収益率を投資対象の証券種別で見てみよう。(表1)

   証券種別だと外国株式
の収益率が4.6%で最も高く、次いで外国債券が4.1%、国内株式はマイナスとなっている。直近5年では国内株式の収益率が大きく戻しているが、それでも外国株式には劣る。一貫して収益性が高いのは外国株式と外国債券であり、これが全体の収益率を押し上げている。

161201GPIFHyou1.jpg

GPIFの投資資産配分については、株式比率の25%から50%への引き上げの当否ばかりが議論されてきたが、株式比率のみに着目して論ずるのはおかしい。株式比率(株式と債券の配分)よりも、国内(円建て)か外国(外貨建て)かという資産配分にもっと注目すべきである。

GPIFの場合、外国株式と外国債券を合計した外国証券が37.1%と3分の1を超えており、内外のバランスがうまくとれており、この点が優れていると評価できる。外国証券の比率は50%程度までさらに引き上げられてもよいのではなかろうか。

これを個人が保有する証券資産の配分と対比してみると、個人では外国証券への配分が19.7%と2割に満たない。(表2)

161201GPIFHyou2.jpg


   個人の証券資産の株式・債券別、両者の国内・海外別の残高構成については統計資料が存在せず、推定するしかないが、投資信託の投資対象を投資信託協会の資料で分解するなどして作成した筆者の推計値が表2の右欄である。

この配分比率をGPIFと比較すると、個人は国内株式偏重と言える。外国株式への配分比率は7.1%に過ぎず、GPIFの3分の1以下と極端に低い。

個人投資家はその投資姿勢を理想形に近づけるため、GPIFにならってもいいのではないか。ポイントとしては次の3点が指摘できる。

①外国株への投資を飛躍的に増やすべき

投資の鉄則である分散の観点から見る限り、GPIFのポートフォリオ配分は優れている。個人投資家は外国証券への投資比率、ことに外国株への投資を飛躍的に増やすべきである。

この点でのネックは証券会社の営業姿勢が国内株に偏重しており、外国株への対応には注力していない現状にある。どの証券会社も外国株の取り扱い銘柄数が少なく、情報提供も貧弱である。中には「高齢者には外国株は売らない」と公言するところもある。売買手数料も国内株に比して法外に高い。 

②運用コストにこだわった投資を

GPIFが支払っている管理運用委託手数料率は表1に見られるとおり、0.020.03%と極端に低い。この料率は2001年度には0.11%であったものが、2002年には0.06%、2006年以降は0.03%以下に抑えられている。

GPIFは自ら直接投資を行うことなく、すべて運用専門会社に委託しているので、「購入者がGPIFに限られた専用投資信託」を購入しているともいえる。巨額の運用資産量をバックに圧倒的に優位な立場にある点を考慮に入れても、GPIFの運用コスト削減努力は高く評価される。個人投資家も見習うべきポイントである。

GPIFの料率は参考とならないので、米国の投信手数料と対比してみると、日本の代表的な投信の販売手数料が3.2%、信託報酬が年1.53%というのは法外に高い。

日本の投信の高い手数料は、少ない資産額、短い運用期間、低い運用能力が重なった結果の根深い問題で、一朝一夕には解決されない。個人投資家としては、手数料が年1%を超えるような投信は絶対に買わないという対応しかできない。(図1)

161201GPIFZu%EF%BC%91.jpg


   米国の投信残高の増加を引っ張ってきたのは、低コストのインデックス投信である。インデックス投信の全株式投信に占める比率は1995年には4%に過ぎなかったが、2015年には22%にまで上昇している。

③投資嫌いの性癖を変える

最後に最も重要な点は、GPIFは資産のほぼ全額をフルに証券で運用しているのに対し、個人は総金融資産1,746兆円(2016年6月末)のわずか13%しか証券投資に振り向けていないという「投資嫌いの性癖」を変えることである。

消費生活に必要な現預金はせいぜい200兆円程度で、残りは全額を証券・年金・保険で運用しないと、個人金融資産は目減りする一方である。

現に現預金は総金融資産の13%しか保有していない米国人の金融資産は過去20年間で3.1倍に増加したのに対し、現預金を53%も保有している日本人の金融資産は1.5倍にしか増えていない。(図2)

161201GPIFZu2.jpg
 
    日本の家計金融資産もそこそこのペースで増え続けているように思われているが、米国ではその2倍強のペースで増加しているのは驚異である。

    
個人金融資産を全体として増やすには、米国にならって証券資産への配分を高め、長期・分散・低コストの各視点で明確な投資目標を持って臨むしかない。

 

 

(日本個人投資家協会 副理事長 岡部陽二)

 

2016127日刊行、日本個人投資家協会機関紙「ジャイコミ」12月号「中・上級者向き・投資の羅針盤」所収)

 

 

 

 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る