好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶



 このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できます。最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。17歳の時の作品は一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

 2018年8月16日付けにて、自分史「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる」をアップしました。ジャンル別では左欄の一番上に「目次」順に33編に別けて入れてあります。

 銀行勤務36年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

 銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

 自分史には、生い立ちに遡って、記憶に残っている主な出来事を網羅した積りですが、読み返して見るとまだまだ書き足らないところもあり、これから補足して参ります。

 2006年3月、7年間お世話になりました広島国際大学を去るに当たり、これから実社会で力強く活躍してほしい若人諸君に私の好きな高浜虚子の句

     春風や闘志いだきて丘に立つ       虚子

を餞として贈りました。大学を定年退職し、48年間にわたるサラリーマン生活に終止符を打ちました昨今の心境は

     古稀といふ春風にをる齢かな       風生

といったところでありますと、記しました。

 ところで、人口に膾炙されておりますかの米国の詩人・サムエル・ウルマンの「青春」が、最近手島佑郎氏の手によって次のような新訳で紹介されています。

     青春とは怯懦に克ち、興味に向かう気性横溢せるの意なり
     安逸を貪る心を越えて冒険する勇気なり
     是れしばしば齢二十の若者よりも齢六十の人物に存せり
     何人も年を重ねるによりてのみ老けるに非ず
     我等もろもろの理想を見捨つるによりて老いるなり

 この詩に肖って、加齢を言い訳とすることなく、好奇心と冒険心豊かな心ときめく生甲斐を終生模索したいものです。

  2018年8月吉日


略歴

略歴をごらんになれます。

最新の作品

2018年9月02日

日本では個人投資家がなぜ育たないのか。

投資の羅針盤  

 180901個人投資家Logo.png

 

 家計(個人)の金融資産が本年3月末に1,829兆円に達した。この20年間で1.54倍の増加である。増加の主因は将来に対する不安からの「節約」と、株価上昇に伴う「運用リターン」によるものである。

 ほかの先進国と比較するとどうであろうか。

 じつは新規資金の流入額は米・英といった先進国と比較してあまり変わらないが、資産の「運用リターン」をみると著しく見劣りする。

 金融庁の「平成28年事務年度・金融レポート」が、わが国では資産運用リターンが低い原因を的確に分析しているので、紹介したい。

個人資産が20年で3.3倍のアメリカと、1.5倍の日本
~資産増を阻んでいる真犯人は低い運用リターン

 家計金融資産の過去20年間の伸びを比較すると、わが国の1.54倍に対して、米国では3.32倍、英国でも2.48倍とその伸び率に大きな隔たりが見られる。その主因は、新規流入額の差ではなく、金融資産の運用リターンがわが国では極端に低いことである。(図1) 

180901家計金融資産図1.jpg

 金融庁の分析によれば、図1下段色塗りで示されている運用リターン(収益)が米国では過去20年間に2.45倍に増加、英国でも1.77倍に増加した。

 これに対してわが国では、運用リターンによる増加は1.20倍に過ぎなかった。新規資金雄流入による3ヵ国の増加ペースはあまり変わらない。

家計金融資産の構成比に問題が?

 運用リターンの大きな格差は、これまでは単純に金融資産の構成比の違いによるものと説明されてきた。

米国では株式・投信(投資信託)の割合が年金等を通じての間接保有分を含め総資産緒45.4%を占めているのに対し、わが国では18.8%に過ぎない。

 逆に、現預金の比率はわが国が51.9%と高いのに対し、米国では13.7%に過ぎない。(図2)

 つまり、「日本人は貯蓄好きで、アメリカ人は株が好き。アメリカの個人資産が大幅に増えたのは株の運用のおかげだから、わが国でも預金から株式・投信への資産シフトが進めば、アメリカ同様に高い運用リターンが得られる」というのがこれまでの理屈であった。

 果たして、この理屈は正しいのか?

180901家計金融資産比率図2.jpg


わが国で「貯蓄から投資へ」が進めば、むしろ運用リターンが低下してしまう

 金融庁が出した答えは、「ノー」である。

 株式については、NYダウは1995年末の5,117ドルから2015年末の17,425ドルへと20年間で3.41倍に上昇したが、日経平均はこの間に19,868円から19,633円へと0.99倍、ほぼ横這いであった。日本国民にとって株といえば日本株中心で、外国株は21兆円(総資産の1.2%)しか保有しておらず、リターンは配当利回りの年2%弱程度に限られる。

 日本の個人投資家もGPIF同様に、日本株とほぼ等額を米国株へ投資する姿勢にシフトしていれば、リターンが少しは上がっていたであろう。

 投信についてはさらに悲惨である。

 金融庁の分析によれば、過去10年間の投信の年平均リターンは▲1.1%であった。要するに、投信に投資をした個人は、資産を減らした結果に終わっている。(図3)

 図3について説明を加えると、DC(確定拠出型年金)専用投信の過去10年間のリターンは3.8%と高いが、一般の投信は全体としてマイナスであった。

180901家計金融資産比率図3.jpg

 この表には残高が入っていないので分かりにくいが、投信の総残高は99.1兆円(2018年6月末)で、うちDC(確定拠出型年金)専用は4.9兆円と5%に満たない。

 「それ以外の投信」をカテゴリー別に見ると、債券と国内REIT(不動産投信)のリターンはプラス、ことに国内REITは5.5%と高かった。

 ところが、DC専用と債券・国内REITの合計残高は33.9兆円で、全体の2/3を占める残余の65.2兆円の平均リターンがマイナスであったという結果である。

 要するに、預金から投信に資金を移した個人投資家は、全体としては最近10年間にわたりマイナスのリターンで資産を減らしたのである。

投信の不振は販売会社(証券会社・銀行)の誤った営業方針のツケ 

 投信の投資リターンがマイナスとなった理由について金融庁は次のような分析をしている。

① 高配当の海外株式、高成長分野の銘柄など話題性あるアクティブ投信がわが国では売れ筋の中心となってきた。これらの投信は人気のある間は基準価格が堅調だが、ブームが過ぎると下落、狼狽売りとなるケースが多い。

② 販売手数料が高い。購入時に支払わされる手数料率が3%を超える投信がほぼ半分を占めており、年間で3%以上の値上がりしなければ、マイナスとなる。証券会社などが算出して通知してくれる「投信等に係るトータルリターン(収益率)」には販売手数料は勘案されていない。これをきちんと勘案すれば、正味のトータルリターンは証券会社の通知よりさらに低くなるはずである。

③ 投信残高の過半を占める「毎月分配型投信」は、複利効果が働きにくいことに加えて運用原資が大幅に目減りして、運用効率を下げている。つまりタコが自分の足を食べるようなタコ足配当(実際の利益以上の分配金)によって、運用期間が長くなるほど預けている元本が減っていく。

 要するに、投信を購入した個人投資家は「高値づかみのワナ」に嵌められ、販売会社のよいカモにされてきたという分析である。

 その改善策として個人投資家が安定的な資産形成を行なうためには、売買のタイミングを気にする必要のない、資金投入の時期を分散する積立投資を行うDC専用型のような手数料も安い投信に絞るべきとしている。

 この金融庁レポートは優れた力作である。もっとも、投信の収益率についての元資料を投信委託会社に依存しているのは頂けない。金融庁自体は、投信設定会社、販売会社からトータルリターンの報告を徴求しておらず片手落ちと言える。実態把握に隔靴掻痒の感がある。

 投資信託協会も、投信の計数をカテゴリー別に集計して公表しているが、収益率についての統計は皆無である。

 2014年末から、証券会社は投信保有の顧客宛に投信1本ごとの「投資信託に係るトータルリターン通知」を始めた。販売手数料込みのリターンは計算してくれないものの、このトータルリターン通知書のリターンを集計した数字を金融庁が公表する仕組みが早急に確立されるよう願ってやまない。

日本個人投資家協会副理事長 岡部陽二

(2018年9月2日、日本個人投資家協会機関誌「ジャイコミ」2018年9月号所収)










コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る