好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


 このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できます。最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。

 1997年8月に開設、2007年8月に全面改訂したものです。17歳の時の作品が一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

 2018年2月に、自分史「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる」を上梓しました。アマゾンのKindle版の電子書籍も刊行、このホームページにも全文をアップしました。ジャンル別では左欄の一番上に「目次」順に33編に別けて入れてあります。

 銀行勤務36年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

 銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

 自分史には、生い立ちに遡って、記憶に残っている主な出来事を網羅した積りですが、読み返して見るとまだまだ書き足らないところもあり、これから補足して参ります。

     自分史にひらく一輪梅の花  陽二

2018年2月吉日


略歴

略歴をごらんになれます。






最新の作品

2019年9月01日

ゴルフ歴二題 岡部 陽二

190901中津川50年史Luge.jpg

 
 三年前(2016年)1月17日、中津川カントリークラブで開催されました元住友銀行OBメンバーの伝統ある第224回親芝会ゴルフコンペにおいて、81歳にして生まれて初めてのホールインワンを達成いたしました。

 ホールは浅い谷越えのウェスト8番ホール(ヤーデージ:139ヤード)で、通常は7番ウッドで打つのですが、当日はティーグラウンドに立っても居られないような猛烈な逆風でしたので、5番ウッドを使いました。

 驚くなかれ、ボールはグリーンの左手前に落ち、2ヤードほどきれいな弧を描いてゆっくりと吸い込まれるようにホールに入ったのです。

 前年の11月に白内障の手術を済ませ200ヤード先まではっきり見えるようになっておりましたので、幸いにもこの時はボールの軌道をはっきりと目視することができました。

 この日は風が強いだけで雨は降りませんでしたが、夜からは大雪となって翌日からコースが一週間閉鎖されました。

 関係の方々に記念のカードをお贈りする際に添えました拙い一首に、盛岡在住の村井研一郎叔父から嬉しい返句を頂戴しました。

     寒晴に力を抜きて一振りのホールインワン神の仕業か  陽二  

     ひとふりで見事射止めて年新た           研一郎 


190901中津川50年史Photo1 .jpg  



 私のゴルフ歴はかれこれ60年になりますが、若いころはほかにやりたいことが多く、働き盛りは腰痛で悩まされていたこともあって、お付き合い程度のゴルフに終始して、腕前は一向に上達しませんでした。

 ただ、ロンドンに13年あまり勤務しておりました間に毎年スコットランドを訪れ、かつて全英オープンが開催されました4コースでプレーする機会を得ましたのは望外の歓びでした。

 スコットランド人のゴルフ好きは格別で、"Golf Addict"(ゴルフ中毒症)という病名があり、この表題のゴルフ専門誌も発行されています。また、1452年にはスコットランド国王がゴルフ禁止令を出したにもかかわらず、人民はそれを無視してプレーを続けたという歴史記述も残されております。

 スコットランドの東海岸のゴルフ場には、北から順にカーヌスティ、ゴルフ発祥の地として有名なセントアンドリュースのオールドコース、ミュアフィールドと続き、西岸にロイヤルトルーンとターンベリーがあります。ロイヤルトルーンだけは訪れる機会がありませんでしたが、他のコースはことごとく体験できました。

 加えて、スコットランドのど真ん中にあるグレンイーグルスは、まさに世界最高のリゾート・コースでこよなく快適でした。このコースはリンクスではないため、全英オープンの開催場所とはなりませんが、グレンイーグルス・ホテルでは2005年のG8サミット会合も開催されております。

 週末にロンドンからの夜行列車でグレンイーグルス向かい、早朝に着いてプレイ後に一泊、翌日はセントアンドリュースでプレイをして飛行機で帰るというツアーを何回か試みた記憶が今も鮮明に残っております。


 英国の総じてフラットなコースに時に郷愁を覚えることもありますが、中津川のような起伏の多い山岳コースにも、プレーし慣れると味わい深いものがあり、新しい思い出に育ちつつあります。

 ネット情報によりますと、世界の最高齢のホールインワンは、2014年にフロリダに住む103歳の米国人男性による113ヤードをドライバーで打った記録とのことです。

 再度のホールインワンは望むべくもありませんが、私も気力の続くかぎりはゴルフを続け、このような高齢プレー記録にあやかりたいものです。

190901中津川50年史Photo2.jpg


(2019年9月1日、中津川カントリークラブ発行「中津川カントリークラブ五十周年史」p114~117所収)




コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る