好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


  私のホームページは、息子の徹が1997年8月に、私の63歳の誕生祝いに「岡部家のホームページ」として開設してくれたものでした。

  ところが、この旧ホームページは、息子との共用であって、私自身で操作ができないために、アップロードやアフターケアが滞っておりました。そこで、2007年8月、73歳の誕生日を機に、この「岡部陽二のホームページ」を別途立ち上げ、私自身で自前の運営を開始しました。旧ホームページからのコンテンツ移行に1年余を費やしましたが、このほどようやく完了しました。

  このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できますが、最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。17歳の時の作品は一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

  銀行勤務35年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

  銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

  2006年3月、7年間お世話になりました広島国際大学を去るに当たり、これから実社会で力強く活躍してほしい若人諸君に私の好きな高浜虚子の句

春風や闘志いだきて丘に立つ       虚子

を餞として贈りました。大学を定年退職し、48年間にわたるサラリーマン生活に終止符を打ちました昨今の心境は

古稀といふ春風にをる齢かな       風生

といったところであります。

  ところで、人口に膾炙されておりますかの米国の詩人・サムエル・ウルマンの「青春」が、最近手島佑郎氏の手によって次のような新訳で紹介されました。

青春とは怯懦に克ち、興味に向かう気性横溢せるの意なり
安逸を貪る心を越えて冒険する勇気なり
是れしばしば齢二十の若者よりも齢六十の人物に存せり
何人も年を重ねるによりてのみ老けるに非ず
我等もろもろの理想を見捨つるによりて老いるなり

  この詩に肖って、加齢を言い訳とすることなく、好奇心と冒険心豊かな心ときめく生甲斐を終生模索したいものです。

   2008年2月吉日

岡部陽二

 

略歴

略歴をごらんになれます。

最新の作品

2016年8月22日

チャネル諸島とマン島 ~英国切手の魅力シリーズ(27)~ 

 
1160822Guernsey1.jpg

 

    英国の自治領である英仏海峡 のフランス寄りに位置するチャネル諸島(Channel Islands)はガンジー(Guernsey)島を中心とする代官区とジャージー(Jersey)島中心の代官区に分かれている。

両島とも1969年まで英国郵政が発行する切手を使用してきたが、第2次世界亜大戦中の1941年から1944年まではドイツ軍の占領下にあり、ガンジー島では英皇室マークのない軍票のような切手が現地で発行されていた。また、1958年から1967年まで、エリザベス女王肖像中心のガンジー島専用普通切手が発行されていた(上掲)。

一方、ドイツ軍占領下のジャージー島では、上記のガンジー同様のシンプルな切手に加えて同島の風景をあしらった切手も発行されていた(下掲)。図案は、左上から右へ順番に、Old Jersey Farm1/2D)、Portelet Bay1D)、Corbiere Lighthouse11/2D)、Elizabeth Castle2D)、Mont Orgueil Castle21/2D)、Gathering Vraic3D)となっている。

 

160822JerseyOccupation.jpg

 

また、1958年から1967年の間には、ジャージー島専用の女王肖像の普通切手8種が発行されていた(下掲)。

 

160822JerseyRegional3.jpg

 

チャネル諸島をテーマとした記念切手には、ドイツ軍の占領終結から3年目の1948年に開放記念として発行された2枚の切手が唯一存在する(下掲)。

この切手の図案は両島の当時の主要産業であった海藻(Vraic)採りの情景で王室マークにはジョージ4世(19361952年)が配されている。

 

160822ChannelIslands%E9%96%8B%E6%94%BE3%E5%91%A8%E5%B9%B4%E8%A8%98%E5%BF%B5%E5%88%87%E6%89%8B.jpg

 

1969年には、ガンジー・ジャージーともに独自の切手を発行する権能を獲得し、同年101日からそれぞれの普通切手と記念切手の発行を開始、毎年数種以上の記念切手が発行されている。

さらに、ガンジー代官区に属するオールダニー(Alderney)島は同島独自の切手を発行している(下掲)。同島は切手の図柄に示されているように、フランスのノルマンディー半島突端のすぐ近くに位置するが、アングロ・サクソン人が多く居住するため、切手にも英女王肖像のマークを入れている。

 

160822Alderney.jpg

 

大ブリテン島とアイルランド島に囲まれたアイリッシュ海の中央に位置する英国自治領のマン島(Isle of Man)においても、1971年までは英国郵政発行の切手が使用されてきたが、1958年以降にはマン島の地域の旗のマークを女王肖像の左上に配した地域切手が発行されてきた(下掲)。

マン島も1972年に切手発行権を獲得し、それ以降は独自の普通切手と多くの記念切手を発行している。

 

160822IsleofManRegionalIssue.jpg

 

ケイマン諸島や英領ヴァージン島など多くのタックスヘヴンは英国の旧植民地であるが、チャネル諸島(人口;約16万人)とマン島(人口;約8万人)は英国王室の属領でありながら、歴史的な経緯から住民に一定の自治権が与えられてきた「自治領」である。

こうした自治領には、植民地同様に英国の税法は適用されないので、英国の金融・保険・資産運用などの金融機関が主に個人向けのリテール業務の拠点として利用している。英国の税制は属地主義で、英国籍を保有していても年の過半を国外で過ごす非居住者には所得税などが課税されることがない。

この非課税制度を効率的に活用すべく、英国の金融機関は顧客が英国を半年以上離れて海外居住者(Expatriate)となる場合には、口座をチャネル諸島かマン島の子会社に移して管理する体制を採っている。

もっとも、最近では国際的にタックスヘヴンへの風当たりが強まり、IT化の進展で業務の大部分はロンドンで処理されるようになったので、両島の金融機能の重要性は低下しており、街も寂れている。

 

160822%E3%83%9E%E3%83%B3%E5%B3%B6%E3%81%AE%E9%A6%96%E9%83%BD%E3%83%80%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A1%97%E4%B8%A6%E3%81%BF.jpg

 

 

 

 

コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る