好奇心と冒険心豊かな心 ときめく生甲斐を模索したいものです

ご挨拶


 このホームページは「ジャンル別目次」と「作成日順目次」で検索できます。最近の作品につきましては、「作成日順目次」をクリックしてご覧ください。

 1997年8月に開設、2007年8月に全面改訂したものです。17歳の時の作品が一番下に入れてあります。ジャンル別最下段に「亡き両親のHP」も作りました。

 2018年2月に、自分史「国際金融人・岡部陽二の軌跡~好奇心に生きる」を上梓しました。アマゾンのKindle版の電子書籍も刊行、このホームページにも全文をアップしました。ジャンル別では左欄の一番上に「目次」順に33編に別けて入れてあります。

 銀行勤務36年のうち、13年半を英国ロンドンで過ごしました。時あたかも、金融ビッグ・バンと民営化を柱とするサッチャー改革やベルリンの壁崩壊に始まる東西冷戦の終結、EU統合の進展を背景とした政治経済の転換期でした。そのような時期に、ロンドンに駐在して欧州のみならず、中東からアフリカまでをカバーして、国際金融の真髄を垣間見ることもでき、得がたい経験を積むことができました。

 銀行退職後に、思いがけずフルタイムの大学・大学院教授として医療経営論などを担当、これまでの経験とはまったく分野の異なる医療経済・経営の教育・研究を手掛けることになりましたのは、私にとっては人生を二倍に生きることが出来たような幸せでした。

 自分史には、生い立ちに遡って、記憶に残っている主な出来事を網羅した積りですが、読み返して見るとまだまだ書き足らないところもあり、これから補足して参ります。

     自分史にひらく一輪梅の花  陽二

2018年2月吉日


略歴

略歴をごらんになれます。






最新の作品

2020年9月09日

社会保障のあり方を問う


201001社会保障Logo.jpg


社会保障のあり方を問う.pdf

 
 2020年9月9日に開催されました「日本コポレート・ガバナンス・ネットワーク」の自主研究会において、「社会保障のあり方を問う」と題して、わが国社会保障の現状とコロナ禍収束後の結末予測について解説を行いました。約1時間のプレゼンの後、30分ほど活発な議論が展開されました。

 プレゼンの要旨は、「わが国の社会保障は公的保障に偏し、財政問題に転化しているので、財政破綻とともに崩壊せざるを得ない」という単純明快な結論です。

 持続可能な保障制度にするには、自助・共助・公助の原則に立ち戻り、共助を主体として社会保障費はすべてを保険料か目的税で賄う体制に改める以外に解決策はありません。それには、年金・医療・介護ともに、公的制度を縮小し、公定価格を廃し、民間保険での代替を進めることが唯一の途です。

 詳細につきましては、上ボタンをクリックして、スライドのPDFファイルをご参照ください。








コメント

※コメントは表示されません。

コメント:

ページトップへ戻る